イメージ画像

保健師求人 - 保育園でのお仕事内容とは?

小学校や中学校の他に保育園でも保健師求人の募集はされています。保育園での求人は保育士の募集をよく見かけます。他にも看護師や保健師も実は募集しているのです。特に公営の保育園で保健師の求人が多いようです。

保健師の一般的な仕事内容は、健康や衛生の管理、そして保護者からの園児の健康について相談を受けることです。

しかし実際の保育園での仕事の内容は、保健師としての仕事内容だけでなく、園児たちと一緒になって遊んだり、園児の危機管理を行ったりと、保育士の仕事と同じ業務内容を行う場合があります。

また保育園での保健師の配置人数はひとりという場合が多く、保育士と同じように園児と遊びながら保健師本来の業務をこなさなければなりません。

園児との関係を優先していては、本来の業務がおろそかになります。自分で仕事の配分を割り振り、要領よくこなしていかなければ、無駄に大変になってしまいます。

尚、保育園で保健師として転職をする場合、保育園が集中している地域を重点的に探してみると早く見つかるかもしれません。インターネットを使えば、情報量は自分で探すよりも多く手に入れることができます。

また情報は、仕事をしながらでも勤務に支障を与えることはなく、自宅でゆっくりと探すことができます。

しかし気をつけたいことは、求人広告に書かれていることはすべてではないので、必ず面接などに待遇面などを確認することが必用です。給与や働く期間だけでなく、保健師としての仕事内容もしっかりと話し合いましょう。

保健師としての業務以外の仕事も、転職後に聞かされるかもしれません。事前に情報として知っておけば、他の求人と比較できるのでよりよい職場で働くことができます。

また保育園での求人広告では、未経験でも可能なものが多いです。保健師は看護師の資格を必ず取得していますので、医療に関する知識は即戦力として使うことができるでしょう。

しかし、病院と保育園では方針ややり方が違います。また園児も相手にすることから、応用力と忍耐力、判断力は必要になってきます。

保健師の勤務先は少ないと言われていますが、このようなところでも保健師の需要が高まっています。子供が好きな方にはぜひ求人を探してみましょう。

保健師の製薬会社への転職

企業保健師は、企業の社員に対しての健康を管理するだけではありません。製薬会社へ勤務する保健師は、医師や薬剤師と同じように活躍できます。では製薬会社で、どのような仕事内容なのでしょうか。それは主に治験に関わる方のデータを取得することが仕事です。

治験は新薬が世の中に出るために、効果効能、副作用などを調べる臨床実験のことです。治験の対象となるのは人間です。この方たちに薬を使用し、薬の効果期間や、人による効果持続時間の差など、ありとあらゆるデータを取ります。

もちろん治験を行う前に、ある程度の検査を行っています。ですから危険の有無がわからないままいきなり治験をするということではありません。しかし個人差により副作用が出てしまうこともあるのです。

治験に関わる保健師は、治験のデータ収集が主な仕事です。事務的な仕事内容ですので、パソコンに触れる機会が多くあります。保健師が製薬会社の治験に関わる場合、データをまとめ上げる情報収集力と、パソコンのスキルはあった方が良いでしょう。

また治験そのものは、臨床開発モニターや治験コーディネーターが進行させるのですが、保健師もそれに携わることもあります。製薬会社によっては、保健師が主導で行う仕事もあるようです。

給与に関しては、一般的に高いと言われる程です。条件や待遇も満足のいくもののようで、製薬会社に保健師からの募集が集中しています。

特に看護師などは夜勤や残業も多いのが特徴ですが、製薬会社への転職をすると日勤のみになります。保健師だけでなく、看護師や薬剤師も製薬会社への転職を希望している方が多いようです。

しかし競争率が高そうに思いますが、実際の所、人材が足りない製薬会社もあります。待遇の良い製薬会社の求人は、一般の求人雑誌を介してはいない場合が多く、多くは転職コンサルタントが非公開求人情報として扱っています。

転職サイトを利用すれば、表に出ている求人だけでなく非公開求人や、自分の希望にあった求人情報を提供してくれます。ですから製薬会社への転職を試みようとするならば、転職サイトに応募するところから始めましょう。

保健師は子育ての相談所

保健師は、子育てについて、どんなことでも相談に乗ってくれて、それに対してアドバイスしてくれます。母子手帳には、その時のことが記され、誰もが成長した記録を持っています。

これは、国を挙げて子供を育てる方法として、大昔から続いています。世界には、このような方法のない国もあり、健康診断や予防接種も管理されていない国がまだあるのです。

保健師は、妊婦から老人まで、すべての世代に必要とされています。その中でも妊婦、赤ちゃんにとっての保険師は、第二の母親のように、優しく、時には厳しく、指導してくれます。

初めての出産を控えた妊婦は、どのように生活したら良いかもわからず、悩みや苦労を抱えますから、保健師の存在は大きいものがあります。

また、赤ちゃんが生まれたことを想定し、パパとママの教室を開催しています。赤ちゃんの人形を使い、お風呂の入れ方、着替えのさせ方、おむつの変え方など、赤ちゃんの扱い方、注意する点を教えます。

分かっているつもりでも、難しいことがたくさんあります。その一つ一つを、保健師は教えるのです。

妊婦にとって、母親は、先生であり、相談相手です。でも、相談する母親が近くにいない場合、保健師がその役割をしてくれます。妊婦にとって精神的に不安になる原因は多く、とても心強い存在になります。産婦人科では手の届かないところを、保健師によってまかなっているのです。

赤ちゃんが産まれると、保健師は、何度も検診を行い、定期的に赤ちゃんの成長を調べます。赤ちゃんに障害がある場合も、この検診で発見されるなど、とても重要とされています。

保健師は、赤ちゃんの目・耳なども、支障が出ていないか調べます。耳が悪いことは、特に気づきにくく、保健師が発見することが多くなります。

保健婦は、障害があった赤ちゃんの母親に、どのように赤ちゃんと接したらよいのか、教えてくれます。母親は心に傷を負うこともあり、厳しい母親として、赤ちゃんを育てるための心構えを指導します。保健師は、赤ちゃんの母親の味方になってくれるのです。

このページの先頭へ