イメージ画像

産業保健師にはどのような職場があるの?

産業保健師といえば、医務室で働く、学校の保健の先生みたいな業務をする人だというイメージがあるかもしれませんが、実はそれだけではなく、様々な働き方があるのです。

まずは、産業保健師のイメージでもある医務室勤務です。企業に務める従業員全員の健康管理を行います。また、保健の先生のような業務であるため病気や怪我の応急処置なども行います。

その企業の労働条件などは、健康上に問題を及ぼさないか、精神的に悩んでいる人は居ないかなど、従業員のことをよく見てあげることが大切になります。 また、医務室を置いている企業は大規模な企業が多いため。福利厚生がきちんと整っていることがほとんどです。従業員と同じ福利厚生を受けられますので、比較的働きやすい職場だと思います。

次に、クリニカルディレクターです。医療機器メーカーでの勤務になり、従業員の健康維持や健康指導を行うことはありません。主に、新しい医療機器の開発に携わることになります。 医療機器メーカーが保健師を採用する理由は、医療の知識が豊富にあるからであり、日々学習を怠らない人が望ましいでしょう。

また、医療知識以外にも、機器の使い方を正しく覚え、そして正しく伝えられるということが必要となります。なので、常に人と接するわけではなくても、コミュニケーション能力は必要となってきます。

そして、次が治験に関連する職場です。こちらは治験コーディネーターや治験モニターとして勤務することになるので、保健師として働くわけではありませんが、看護師や保健師の資格を取得する際に身につけた知識が活かせる職場となっています。

新薬の開発が著しい現在では、治験関連の企業で看護師や保健師の資格を持っている人を募集することが多くなりました。

主に、治験を行う医師と、治験企業、製薬会社などの架け橋になりますので、コミュニケーション能力などの 基本的に必要としている部分は変わりません。

以上3つが、保健師が企業で勤務するときの働き方になります。それぞれで業務内容が全く違ってきますので、 どれが自分にあっているのか、魅力に感じるのか就職や転職をする前にじっくり調べてみましょう。

このページの先頭へ