イメージ画像

看護師と保健師、給料面はどちらが良いの?

まず、看護師の主な勤務地は病院やクリニックなど臨床の現場が多いのに対して、保健師の場合は 自治体で公務員として勤務したり、学校や企業などで働くことが中心になります。

人々をより健康的にするために、より福祉的な社会を目指すためにコンサルタントとしての役割を保健師は担います。健康相談や健康指導、管理が主な仕事となるため、事務的な業務が多くなります。

臨床経験はあまり積めませんが、仕事範囲が広いため、色々な業務を経験できるのが保健師のメリットです。ただし、仕事範囲が広い分、全ての仕事に責任をもって完璧にこなしていかなければならないため看護師よりも難しく感じる部分もあります。

ただし、保健師の場合は休日出勤や残業することがほとんどありませんし、夜勤もありませんので、看護師に比べて体力的には余裕があると思います。

では保健師の給料水準はどうなっているのかというと、だいたい300万円~600万円くらいだと言われています。地域や企業によって差がありますし、そこに福利厚生もプラスされ、更に差が出ると思います。

休日がしっかりとれて、残業も少ないので、看護師よりも働きやすい部分はありますが、勤務先によってかなりの差がでてしまうため、就職する前に昇格はあるか、ボーナスはあるのかなどきちんと調べておく必要があります。

また、看護師に比べて保健師は求人数も少ないです。保健師の資格を持っているのに看護師として働いている人もたくさんいますし、ライバルも多いです。なので、自分に合った職場を見つけるのは大変であり、タイミングを逃さないことが重要になります。

300万円~600万円と差があり、誰もがより給料の良い職場へ転職したいと思っているはずです。なので、そのようなライバルたちに負けないように、まずは派遣でもアルバイトでも良いので、しっかりと保健師としての経験を積むことから始めましょう。

アルバイトであっても、経験であることには変わりないのできちんと考慮してもらえますよ!より良い職場へ転職できるように良い経験を沢山積んでいきましょう!

このページの先頭へ